国民年金の免除申請をしたのに、「国民年金保険料納付書」が届いた…申請が通らなかったということ? 払わないといけないの?

s-IMG_4763

2015年9月末でサラリーマンを退職したNon太(@LoveWifeLives)です。

退職後の手続きというカテゴリーを作って、退職後に行わないといけない手続き、そして手続きした方がラッキーなこと、さらにはハローワークで失業手当をもらうためにやっていることをリアルタイムに発信しています。

今日はそんな中でも国民年金について。

こちらの記事にも書いてますが、退職後区役所に行ってちゃんと国民年金の免除申請をしたにも関わらず、最近になって「国民年金保険料納付書」というものが届きビックリしました。

▼ちゃんと「国民年金保険料 納付のご案内」と書かれた紙まで入ってます…これ払わないといけないってこと?と思っちゃいますよね。s-IMG_4765

▼そのほか、中には2016年3月までの国民年金支払書なるものがぎっしり入っていました。なおさら、払わないといけない気になってしまう…。s-IMG_4764a

僕の場合、2015年9月末で退職したので、2015年10月~2016年3月までの国民年金となります。

今年度の国民年金額は15,590円ですから、6ヶ月分とすると93,540円。それが妻の分と合わせると、2倍の187,080円という大金でした!!

これは申請が通らなかったのか? はたまた払わないといけないものなのか?と疑問に思ったので、色々調べてみました。

スポンサーリンク

申請の結果が出る前に届く書類だった

そういえば思い返してみると、区役所で申請した時もおばちゃんに「支払い通知書が届くと思うけど、払ったらあかんよ~!」って言われてた気がする…と思い出しました。

要するに、国民年金の免除申請を行った後、約1~2ヶ月後に結果は出るようなのですが、その結果が出る前に支払い通知書が届くことが普通らしいんです。
(僕の場合、10月の中旬頃に申請に行ったのでちょうど1ヶ月と少し経過してますが、まだ申請の結果は来ていません。)

なので免除の申請を行った人は、この支払通知書が届いても、申請の結果が出るまでは支払ってはいけません

入っていた紙の裏面にもちゃんと書かれてました。s-IMG_4766a

  • 現在、免除等を申請中の方にもこの納付書をお送りしていますので、ご了承ください。
  • 申請の結果は後日通知しますが、結果通知が届くまでの間は、納付書を大切に保管してください。

と書かれています。

民間企業だったらその対応はどうやねん!って感じですが、とりあえず免除申請の結果が通知されるまでは保管しておき、結果が出るのを待ちましょう。

スポンサーリンク

免除申請をするかどうかは自己判断で!

年金には受給資格期間というものがある

年金というのは受給資格期間というものがあり、2015年現在では「25年以上保険料を納付しなければ受給できない」という制度になっています。

※1. 25年以上という期間を10年に短縮するという議論が行われています

※2. 当初の予定では、2015年10月に消費税10%への引き上げを行い、それに伴って受給資格期間10年への短縮を行う予定でしたが、消費税引き上げが2017年4月まで延期されたので、受給資格期間10年への短縮も延期されています。

※2016年5月にさらに消費税10%への引き上げが2019年(平成31年)10月まで延期することが決まりました。その分受給資格期間10年へ短縮という制度もまた先送りにされるんでしょうね。

基本的には、国民年金が免除されるかどうかは前年の所得が基準になると言われています。

それが退職は失業などの場合は、問答無用で免除になりやすいとも言われています。(あくまで言われているだけで、必ず通るかは分かりません。)

何も手続きをしないまま支払い拒否だけしてしまうと未納となり、支払っている期間(=受給資格期間)にはもちろんカウントされません

ですが、この免除申請を行いその申請が通った場合、支払いはもちろん必要ありませんし、支払っている期間(=受給資格期間)にもカウントされるんです

ともしかすると2年後には、受給期間が10年になっているかもしれませんが、ちゃんと申請を行っていれば受給資格期間として認められるんです。

将来の年金額に影響

当初は60歳から貰えた年金が65歳に引き上がり、もらえる金額もどんどん下がっていく。などと言われてますが、、、

それはさておき、免除申請をして通った場合、その期間は年金を払う必要はありませんが、この免除をされている期間分の年金額は将来もらう時には2分の1になります。

詳しい計算はここではしませんが、もらえる年金全てが2分の1になるということではなく免除期間分の金額が2分の1になるということです。

貰えるかどうかも分かりませんが、貰えた場合に少なからず影響が出ることは理解しておかないといけません。

そういう意味で、自己責任で判断するべきなんです。

国民年金保険料納付書が届いた / まとめ

国民年金の免除申請に関する話を出してしまい少し脱線してしまいましたが、免除申請を行っているなら「国民年金保険料納付書」が届いたからと言って支払う必要はなく、申請結果が出るまでは大人しく待っていれば良いということです。

僕自身、失業の身なので恐らく通ると思ってますが。

この国はホントに自分で行動しない人からは、ガンガンむしり取るような制度になっているので、しっかり調べて対処したいと思います。

後日無事に申請は通り、免除されました。
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。